惚れ惚れウンコ日記は、惚れ惚れウンコの素を飲んでの180日の記録です。un 007a.JPG
毎日手帖になぐり書きしていた記録をブログとして公開することにしました。

なぜって、衝撃が起こったんです、所詮ウンコですけど。。
この驚きと喜びを伝えたいと思いました。別に便秘じゃなかったんですよ。。

オドロキの長さのうん(宿便?)写真も多数でてきます。
ボカシを入れてますが全てホンモノです。
わざわざこんなの偽造しませんから。マジメに正直にサイト作りました。

2011年01月22日

惚れ惚れウンコの素・うれしかったエピソード

ご自身で腸の大切さを実感されいろいろと学ばれてこられた方から、
こんなメールをいただきました。

ご本人の了解のもと、そのまま載せます。
とてもじわ〜んときたお母さまのエピソードです。

実は、一昨年の6月末に私の母が腸のがんで亡くなりました。
母は何十年も下痢で便秘という腸の不調で苦しんでいました。
中学から離れて暮らしていた私は、母が長年腸の不調を抱えていたことを知りませんでした。

ホメオパスの友人から小出様と惚れ惚れウンコの素を教えてもらい、母と同じよ
うに腸の不調に苦しんでいた友人と一緒に惚れ惚れウンコの素を試しました。

劇的な効果を体験したため、母の腸の不調を聞いた時にすぐに試してもらいました。
おかげさまで母にも効果がありました。
母は、何十年ぶりかにちゃんとした便が出ていると言ってそれはそれは感激していました。
朝起きてトイレに行くのが楽しいと言っていました。

母は結局は腸のがんで亡くなりはしましたが、死ぬ前にお腹の調子と貧血を解消できて、
生きることができた日々の質が間違いなく上がりました。
母が死ぬ前に親孝行の真似事をできたのは、私にとっても本当に倖せなことでした。


だいぶ昔に胃がんから母親を亡くした私にとっては、
お母さまのQOL(Quality of Life)が少しでも上がったこと、
ちょっとでもそのお役に立てたことがなんともいえない感激でした。

ご本人は、惚れ惚れの体験として、
切れない細くて長いうんちを、取れないのでティッシュを使い引き抜いたそうです(笑)


そして、後日いただいたメールには、ほほえましいお話がありました。


メールの一部をそのまま載せます。

便秘で、出るときは下痢という症状を40年近く続けてきたとのことでした。
それが惚れ惚れウンコの素を飲み始めて1週間しない内に便が変わったとのことで、
本当に喜んでいました。

ですから、ほんとうにありがたいことだと小出さまに感謝しております。

人間は、ちょっとしたことで倖せになれます。ましてや長年抱えており、
しかもあきらめていたことが解消されるのは、それはそれは嬉しいことです。

母と一緒に住んでいた小学生の孫(私の姪)が、
「おばあちゃんが喜んでうんちを見せてくれた」と笑っていました。

母に聞いたところ、ちゃんとした便が出たあまりの嬉しさに、
孫を呼んで見てもらったと笑って言っておりました。
母との懐かしい思い出です。



本当にありがとうございます。
私は、このお孫さんも素晴らしいなって思いました。





posted by 腸美人仕掛人 at 00:33| 寄せられた声・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。